スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ITなしに孤独死は防げない」(医療介護CBニュース)

 NPO法人「人と人をつなぐ会」は8月上旬をめどに、東京・戸山団地で「見守りケータイサービス」を本格的に開始する。月額1050円の低価格で、高齢者でも操作が簡単な携帯電話を貸し出し、各種相談を受け付けたり、見守り支援サービスを提供したりすることで、社会問題化している「孤独死」の防止を目指す。「IT(情報技術)なしに孤独死は防げない」と語る孤独死対策の専門家で同会の本庄有由会長に聞いた。

―なぜ戸山団地は孤独死が多いのか。

 約15年前に自治会がなくなり、地域コミュニティーがなくなったためだ。孤独死はコミュニティーの喪失とともに発生する。

 戸山団地は、周辺地域から移り住んできた高齢者が多いため、同世代でも話題が合わず、コミュニティーが形成しづらいという特徴がある。それでも、戸山団地の一区画ごとで小さなコミュニティーができるよう取り組んできたが、温度差はある。ある区画では孤独死がなく、コミュニティー活動も活発だが、別の区画ではまた孤独死が発生し、4月に死後2か月たった遺体が発見された。

―なぜコミュニティーに温度差があるのか。

 その孤独死があった区画は1年前まで、われわれの仲間が見守り活動をしていた。その間は近隣同士の交流もあったが、彼が亡くなって1年もたたずに孤独死を出してしまった。やはり、コミュニティーを活性化させるキーマンの存在が必要だ。

 一方、そういうキーマンがいても、コミュニティーに参加しない人はいる。特に、高学歴だったり、立派な経歴を持ったりする男性の高齢者にそういう人は多く、コミュニティー活動以外の対策も必要だ。

―具体的な有効策は何か。

 自宅に設置した機器のボタン一つで、オペレーターが電話でさまざまな相談を受け付けたり、行政サービスの利用申請を代行するシステムを提供している。最近では、生き死ににかかわるような“重い相談”については僧侶が相談に応じるなど、サービス内容を拡大していて、着実に孤独死の減少に貢献している。4、5年前には、約1100世帯の戸山団地で年間10件以上の孤独死があったが、昨年は総世帯数が倍増したにもかかわらず、孤独死は半減した。

 6月12日からは、このシステムを携帯電話ベースで行うためのモニターテストを開始する。携帯電話であれば、自宅から離れた時の安否確認もできる。電源を入れるだけで安否確認メールを親族などに送信できる機能も加えた。ボタン一つの使いやすさを残しつつ、利用者の費用負担を大幅に減らした。テスト結果を踏まえ、8月上旬をめどに、まずは戸山団地で普及し、将来的には全国の孤独死に悩む地域にも広めていきたいと考えている。

 ある程度ITに頼らないと、孤独死を防ぐことはできない。民生委員も高齢化していて活動範囲に限りがあるし、高齢者の一人暮らしは急激に増加している。高齢者は携帯電話などのITを活用することに抵抗があったり、使いこなせなかったりするという見方があるかもしれないが、全くそんなことはない。むしろ、既に世の中は携帯電話が当たり前にある世界になってしまっており、どんな高齢者でも使いこなせたら手放せなくなる。

 こうしたサービス提供者と利用者の双方でIT活用が進めば、国や自治体、それに地域の資源も生かした福祉サービスの質と量は、飛躍的に向上し、拡大するだろう。


【関連記事】
孤独死防止に僧侶、東京・戸山団地が電話相談を強化
孤独死対策の予算新設で秋に協議会設立―神奈川県
厚労相に孤独死の全国調査実施を要請―千葉・常盤平団地自治会など
独居高齢者の安否、乳酸菌飲料の無料宅配で確認―千葉県成田市
「老老介護」5324人、「孤立」2734人―東京都世田谷区が高齢者の実態調査

<掘り出しニュース>「瓶ビールの記憶」 戦前からの80点、ポスターなども 日光の酒店(毎日新聞)
<居酒屋経営者殺害>死因は失血死 静岡県警(毎日新聞)
“女房役”仙谷官房長官 公務員改革 大言壮語の放り出し?(産経新聞)
<虫刺され>虫の種類で症状はさまざま かゆみや赤み 命にかかわるハチ(毎日新聞)
福島原発に異常なしと東電=福島地震(時事通信)
スポンサーサイト

「診察しろ」と警察病院訪れる 殺人未遂容疑で28歳男逮捕 職務質問で警官振り落とす(産経新聞)

 東京都新宿区の路上で14日未明、所持品検査で車内から大麻のようなものが見つかった整備不良車が急発進し、職務質問中の警視庁自動車警ら隊の男性巡査部長(34)を振り落として逃走した事件で、新宿署は31日、殺人未遂と公務執行妨害の疑いで住所・職業不詳の柴田正芳容疑者(28)を逮捕した。

 同署によると、柴田容疑者は「警察官が勝手に乗り込んできた」と容疑を否認している。柴田容疑者は30日深夜、中野区にある警察病院で「頭が痛いから診察しろ」などと騒ぎ、駆けつけた野方署員が職務質問したところ「新宿の件を知らないのか」と関与をほのめかしたという。

 同署の調べによると、柴田容疑者は14日午前3時ごろ、車内で大麻のようなものを発見した巡査部長が事情を聴こうとした直後、車を急発進させ約40メートル後退。巡査部長を振り落とし、頭や右足を負傷させた疑いが持たれている。

【関連記事】
「大麻で気を紛らわそうと」…所持容疑、歯科医逮捕 覚醒剤の陽性反応も
大麻所持容疑でロシア人船員逮捕
乾燥大麻1.7キロ所持、容疑の兄弟逮捕 住宅で鉢植え栽培
ガールズバーで資金稼ぎ…女子中生が陥った“負の大麻スパイラル”
警官を車で引きずり逃走 殺人未遂などで捜査 警視庁
iPadが上陸

死亡時画像診断の活用で検討会設置へ-厚労省(医療介護CBニュース)
77歳が84歳からひったくり、尾行警官が逮捕(読売新聞)
歌舞伎、将棋などをまちづくりに=地域の伝統文化活動を財政支援―文化庁(時事通信)
<反則切符>車上荒らし被害…千葉県警職員が盗まれる(毎日新聞)
障害者自立支援法の一部廃止などを要望―全腎協(医療介護CBニュース)

シーシェパード元船長 傷害を否認 調査捕鯨妨害初公判(産経新聞)

 環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーによる日本の調査捕鯨妨害事件で、艦船侵入や傷害など5つの罪に問われたSS抗議船「アディ・ギル号」元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)の初公判が27日、東京地裁(多和田隆史裁判長)で開かれた。ベスーン被告は、「傷害については否認。いかなる人にも傷害を負わせる意図はなかった」と述べ、調査捕鯨船団の乗組員(24)にけがをさせた傷害罪のみ否認した。

 SSの一連の妨害行為が初めて裁かれる公判のポイントは傷害罪の成否に絞られる。公判は28、31日にも開かれ、6月中にも結審する見通し。

 起訴状によると、ベスーン被告は2月11日、南極海で航行中の日本の調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に向かって酪酸入りのガラス瓶を放ち、異臭を拡散させて業務を妨害、乗組員1人にけがをさせた。同月15日には、第2昭南丸に水上バイクで接近、防護用ネットをナイフで切り船内に不法侵入するなどしたとされる。

【関連記事】
調査捕鯨はそもそも何を調べてる? 将来の食料確保のための生態把握
シーシェパード、捕鯨妨害も立件へ 東京地検、元船長に傷害罪など適用
第2昭南丸が接岸 シーシェパード船長逮捕
「鯨を殺さないで」 シー・シェパード活動家らが抗議
「シーシェパード」が異臭放つ薬品ボール 南極海で調査捕鯨団妨害
虐待が子供に与える「傷」とは?

少子化問題、雇用の安定へ有期契約の正社員を 佐藤博樹・東大教授(産経新聞)
強盗強姦未遂容疑で男逮捕=ほかにも5件関与か―奈良県警(時事通信)
ワクチン接種、地元と合意=補償案を宮崎知事に提示―農水副大臣(時事通信)
首相動静(5月24日)(時事通信)
小沢幹事長 「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)

首相沖縄訪問、民主内からも「意味不明」(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、鳩山首相の沖縄訪問に対する批判が収まらない。

 同飛行場の「県内移設」への理解を得るどころか具体案すら示さず、沖縄の反発をかえって強めた上、在沖縄米軍の抑止力への認識欠如なども露呈したためだ。

 首相は6日夜、批判に対し、「根回しとかやらないで下手じゃないかと、いろんなご意見もあろうかと思う。しかし、私としては自分なりの思いで率直、愚直、正直に行動することを尽くしていきたい」と強調した。首相官邸で記者団に語った。平野官房長官らは沖縄側の反発を「想定内」とし、5月末決着実現へ、強気を崩していないという。

 だが、沖縄県の仲井真弘多知事は6日も県庁で記者団に、「普天間の移設、米軍再編の見直し、どんな風にまとめていくのか筋道が見えない」と述べ、首相へのいら立ちを隠さなかった。

 国外・県外移設を主張する社民党から「あきれてものが言えない」(照屋寛徳国会対策委員長)との声が相次いだのはもちろん、足元の民主党内からも「政府案をきちんと示せるわけでもないのに、訪問は意味不明だ」(中堅)との批判があがった。

 7日にはヘリコプター部隊の移転先として想定している鹿児島県・徳之島の地元3町長と会談するが、理解を得られる見通しはない。

 こうした中、首相は事態打開策として、沖縄の負担軽減との「パッケージ」論を強調し始めた。

 4日の日米外務・防衛当局の実務者協議で、〈1〉米軍嘉手納基地に飛来する外来機訓練の県外移転〈2〉鳥島と久米島の両射爆撃場返還〈3〉沖縄本島東側の米軍訓練水域「ホテル・ホテル区域」の一部解除・訓練期間縮小――などを提起したのも、沖縄側の要望が強い負担軽減策を少しでも実現させることで反発を和らげたいとの思惑からだ。

 ただ、米側は移設問題の決着が前提との立場だ。クローリー米国務次官補も4日の記者会見で「我々は、うまくいく結論に到達するまで、このプロセスを継続するつもりだ」と述べるにとどめており、見通しは厳しそうだ。

線路から16メートル下の地面に飛び降り 東京駅で男性死亡、JR東海社員か(産経新聞)
<JR関西線>「撮り鉄」侵入、列車7本に影響 奈良・斑鳩(毎日新聞)
「日米同盟深化へ協議」=外交・安保公約-民主素案(時事通信)
野沢菜起源は「天王寺カブラ」=伝統野菜で魅力再発見(時事通信)
<普天間移設>平野官房長官、徳之島町議と意見交換へ(毎日新聞)

事故調漏洩問題で検証Tが会合 JR西幹部、謝罪とともに釈明も(産経新聞)

 JR福知山線脱線事故の報告書漏洩(ろうえい)問題で、運輸安全委員会(旧・国土交通省航空・鉄道事故調査委員会)が設置した検証チームの第2回会合が19日、大阪市内で開かれ、JR西日本幹部らへのヒアリングの途中経過が報告された。JR西幹部は事故調委員への情報漏洩の働きかけについて改めて反省の言葉を述べる一方、「被害者対応のためにも早くスケジュールを知りたかった」と釈明したという。

 ヒアリングの対象はJR西の山崎正夫前社長や丸尾和明元副社長、事故調委員だった佐藤泰生、山口浩一両氏ら計13人。検証チームのメンバーでノンフィクション作家の柳田邦男氏や関西大の安部誠治教授らが中心となり、3~4月に実施した。

 JR西の幹部はヒアリングに対し、漏洩を働きかけたことについて「社会的に許されないことをした」と反省の言葉を述べた。働きかけの理由としては、被害者への説明の必要などから可能な限り早くスケジュールを把握したかったことや、最終報告書案が提示されてからJR西が意見書を提出するまでの期間が1週間しかなく、作業時間が足りないと判断したことなどを挙げたという。

 一方、一部の資料を事故調に提出していなかったことについては、「単なるコピーミス」として、意図的なものではないと主張したという。

 会合は約2時間行われ、遺族や有識者らからなる検証チームのメンバーや、運輸安全委の関係者ら約20人が出席。事故で妻と妹を亡くした浅野弥三一(やさかず)さん(68)=兵庫県宝塚市=は「事故調がこれまで何のために調査をしたのか、その疑問が一層深まった。ヒアリングを通し、問題の所在の土俵が見えてきたことは評価したい」と話した。

【関連記事】
JR脱線事故 救急隊長が医師らを前に講演
JR西社長 国交相に改善状況報告 報告書漏えい問題で
JR福知山線脱線、運転士の遺族が労災手続き
座席も青→緑色に JR西、福知山線脱線被害者へ配慮
「がれきの下の医療」救命医しのび追悼集会 脱線事故の30人

<JR北海道>IC乗車券で無賃乗車 グループ会社の6人(毎日新聞)
“最後の大物仕手筋”公訴を棄却 大阪地検、脳梗塞で訴訟能力なし(産経新聞)
400系つばさ、ラストラン=初代山形新幹線、ファンら別れ惜しむ(時事通信)
発砲の関連捜査で浮上 詐欺などで組幹部2人逮捕(産経新聞)
女性の上を電車通過、線路とのすき間で無事 JR東京駅(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。