スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故調漏洩問題で検証Tが会合 JR西幹部、謝罪とともに釈明も(産経新聞)

 JR福知山線脱線事故の報告書漏洩(ろうえい)問題で、運輸安全委員会(旧・国土交通省航空・鉄道事故調査委員会)が設置した検証チームの第2回会合が19日、大阪市内で開かれ、JR西日本幹部らへのヒアリングの途中経過が報告された。JR西幹部は事故調委員への情報漏洩の働きかけについて改めて反省の言葉を述べる一方、「被害者対応のためにも早くスケジュールを知りたかった」と釈明したという。

 ヒアリングの対象はJR西の山崎正夫前社長や丸尾和明元副社長、事故調委員だった佐藤泰生、山口浩一両氏ら計13人。検証チームのメンバーでノンフィクション作家の柳田邦男氏や関西大の安部誠治教授らが中心となり、3~4月に実施した。

 JR西の幹部はヒアリングに対し、漏洩を働きかけたことについて「社会的に許されないことをした」と反省の言葉を述べた。働きかけの理由としては、被害者への説明の必要などから可能な限り早くスケジュールを把握したかったことや、最終報告書案が提示されてからJR西が意見書を提出するまでの期間が1週間しかなく、作業時間が足りないと判断したことなどを挙げたという。

 一方、一部の資料を事故調に提出していなかったことについては、「単なるコピーミス」として、意図的なものではないと主張したという。

 会合は約2時間行われ、遺族や有識者らからなる検証チームのメンバーや、運輸安全委の関係者ら約20人が出席。事故で妻と妹を亡くした浅野弥三一(やさかず)さん(68)=兵庫県宝塚市=は「事故調がこれまで何のために調査をしたのか、その疑問が一層深まった。ヒアリングを通し、問題の所在の土俵が見えてきたことは評価したい」と話した。

【関連記事】
JR脱線事故 救急隊長が医師らを前に講演
JR西社長 国交相に改善状況報告 報告書漏えい問題で
JR福知山線脱線、運転士の遺族が労災手続き
座席も青→緑色に JR西、福知山線脱線被害者へ配慮
「がれきの下の医療」救命医しのび追悼集会 脱線事故の30人

<JR北海道>IC乗車券で無賃乗車 グループ会社の6人(毎日新聞)
“最後の大物仕手筋”公訴を棄却 大阪地検、脳梗塞で訴訟能力なし(産経新聞)
400系つばさ、ラストラン=初代山形新幹線、ファンら別れ惜しむ(時事通信)
発砲の関連捜査で浮上 詐欺などで組幹部2人逮捕(産経新聞)
女性の上を電車通過、線路とのすき間で無事 JR東京駅(産経新聞)
スポンサーサイト

ハローワークの早期地方移管を国に要求へ 知事会PT会合(産経新聞)

 全国知事会に設置された国の出先機関原則廃止プロジェクトチーム(PT)の会合が15日、開かれた。国の出先機関が担う事務のなかで、厚生労働省が所管する公共職業安定所(ハローワーク)の地方への早期移管を国に対して重点的に求めていく方針を固めた。

 会合には、PTリーダーを務める埼玉県の上田清司知事、大阪府の橋下徹知事、東京都の猪瀬直樹副知事らが出席。事務内容に則した出先機関の受け入れ体制や、財源確保の方法、重点分野などについて協議した。

 会合のなかで、橋下知事は「ハローワークの移管に関し、国が握るべきというような原口(一博)総務相の発言があったが、どう対処するのか」などと問題提起。これに対し、猪瀬副知事は「住民に近いサービスを踏まえてハローワークの地方移管を最優先事項に掲げるべきだ」などと指摘。ほかの出席者からも「国がやる必然性がない」「二重行政で地方でもできる」などの意見が相次ぎ、ハローワークの地方移管を重点分野として掲げ、国に要求していくことで合意した。

 会合終了後、橋下知事は「大阪府は明日からでもハローワークを受け入れてもいい。実現できそうな気がする」と期待を寄せた。

 PTでは今後、論点を整理して最終報告をまとめ、政府の地域主権戦略会議が6月に原案をつくる「地域主権戦略大綱」(仮称)に反映させたい考え。

【関連記事】
不正経理に監視ポスト 総務相、省庁の対策を調査
採用面接「部長ならできます」への考察
児童書『続・しごとば』鈴木のりたけ作
“延長派遣村”での就職決定は15人 都は退所者の追跡調査へ
石原知事、派遣村「かなり勝手な人がいる」

京急線 生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も (毎日新聞)
常用漢字改訂案、変更せず=「碍」は見送り-文化審(時事通信)
【日本の城景】熊本城 美しく雄大この街の礎(産経新聞)
国内1位東大は変わらず=研究機関ランキング-米企業(時事通信)
民主幹部、参院選で「公明票に期待」(産経新聞)

舛添・東国原氏が会談、政局対応も意見交換?(読売新聞)

 自民党の舛添要一・前厚生労働相は15日、国会内で東国原英夫宮崎県知事と会談し、地方分権改革推進のため協力する考えで一致した。

 今後の政局対応についても意見交換したとみられる。

 会談は、東国原氏が申し入れた。舛添氏は自民党の現状について、「なかなか改革、解党的な出直しが進んでいない」との認識を表明。「今、新たな政策集を作っている。地方については頼みます」と東国原氏の協力を要請し、同氏も了承した。

 会談後、東国原氏は記者団に「権限や財源の移譲という政策で打って出るなら応援していく」と述べ、舛添氏との連携に前向きな考えを示した。舛添氏は「いい政策の議論ができた」とだけ語った。

突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ (産経新聞)
糖尿病領域の活動強化でビジネスユニット創設―サノフィ・アベンティス(医療介護CBニュース)
 ブログ市長「勇気ない首長だらけ。変革ムリ」(産経新聞)
裸の撮影「虐待ととらえず」=介護老人施設側が会見-宇都宮(時事通信)
無料であらゆるムービーファイルを一発でまとめてH.264形式に変換できる「DivX Plus Converter」の使い方

銀河団の成長とらえた=衛星「すざく」で-理研など(時事通信)

 宇宙のガスやちり、星の分布には濃淡があり、濃い部分は網を張り巡らしたように見える。この網の結び目には、銀河が数百から数千個も集まった「銀河団」がある。この銀河団に近くのガスが流れ込み、成長している様子が、X線天文衛星「すざく」による観測で初めて明らかになった。
 理化学研究所の川原田円特別研究員(現宇宙科学研究所研究員)らが10日までに、地球からおとめ座の方向へ24億光年も離れた銀河団「エイベル1689」で発見した。宇宙の大規模構造がどのように発展するかの解明に役立つと期待される。論文は米天文学誌アストロフィジカル・ジャーナルに掲載される。
 川原田研究員らは、この銀河団の周囲に広がる高温ガスから放射されるX線を、すざくで観測した。その結果、外縁部の2000万度の高温ガスの中に、6000万度の領域があることを発見。米国の地上の望遠鏡による観測結果と合わせると、この領域には近くの「網」からガスが流れ込み、衝突して温度が高くなっていることが分かった。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔用語解説〕「国際宇宙ステーション」
「いつか3人で宇宙旅行」=山崎さんから家族に初メール

<リコール>日産、セフィーロなど5車種計2万5024台(毎日新聞)
政権委に河野、西村氏ら=自民が参院選本部発足(時事通信)
「たちあがれ日本」旗揚げ=反民主、「第三極」目指す-平沼、与謝野氏ら5議員(時事通信)
弁護側請求の精神鑑定留保=ペルー人被告の差し戻し審開始-小1女児殺害・広島高裁(時事通信)
<発砲>西部ガス役員宅近くの路上に数個の薬きょう 福岡(毎日新聞)

全国体力テスト、参加率18%に=事業仕分けで86%から低下-文科省(時事通信)

 文部科学省は1日、2010年度の全国体力テストに参加する国公私立の小中学校は6611校で、参加率は全体の18.8%になったと発表した。
 テストは小学5年と中学2年の全員参加を目指して08年度に開始。09年度の参加率は86.1%だったが、行政刷新会議が昨年行った事業仕分けで全員参加の必要はないとされ、大幅に縮小された。 

【関連ニュース】
「無戸籍の子」救済へ改正案=議員立法目指す
消費税争点に衆院選も=行政刷新相
年金一元化、8日に議論開始=首相と関係閣僚ら
UR業務見直しで検討会=23日に初会合
消費税論議、封印したことない=菅氏

武田薬品がアルツハイマー型認知症治療薬市場に参入へ(医療介護CBニュース)
名物デザイン「滝と紅葉」のナンバープレート(産経新聞)
<大阪府議会>橋下知事支持の新会派発足…総勢22人(毎日新聞)
介護福祉士国試、合格者7万人超で過去最高―2回連続減から一転(医療介護CBニュース)
シー・シェパード元船長、傷害罪でも起訴へ(読売新聞)

新園長はウミガメ博士 須磨水族園 予備校講師から転身(産経新聞)

 日本の大型水族館の先駆けで、年間100万人以上が訪れる神戸市立須磨海浜水族園(神戸市須磨区)の新園長に、NPO法人「日本ウミガメ協議会」会長の亀崎直樹さん(53)が4月1日付で就任する。現職は大手予備校講師で、ヒレをなくしたウミガメに人工ヒレをつける計画を立ち上げるなど「ウミガメ博士」として知られ、「幅広い意味での『教育』に取り組みたい」と意気込んでいる。

 昭和32年開園の同園は、50年あまりがたった今も年間137万人(昨年度)が訪れ、多くの人に愛されている。指定管理者制度で平成22年度から管理運営を民間会社にバトンタッチ。亀崎さんが初の民間出身園長として公募で選ばれた。

 愛知県出身の亀崎さんは、京都大学大学院で博士号を取得後、ウミガメの保護活動にかかわり、日本初の産卵のインターネット中継や、ウミガメの人工ヒレ計画を立ち上げた。NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」の監修もつとめるなど、柔軟な発想でウミガメと海の魅力を伝えてきた。

 「須磨海浜水族園は日本有数の歴史があり、生物学研究の場としても機能してきた伝統がある」として期待をふくらませ、海洋生物研究者のための賞創設や、外来種として駆逐される生物を水族館で引き取る「海のホスピス」構想など夢を広げる。亀崎さんは「『海洋都市神戸』を世界中に発信したい」と話している。

フグの缶詰「ふく缶」発売 山口・下関(産経新聞)
大学院の助産教育などでヒアリング―文科省検討会(医療介護CBニュース)
【同盟弱体化】第2部 普天間問題(中)すれ違う狙い 普天間5分(産経新聞)
医師国家試験に7538人合格=合格率89.2%-厚労省(時事通信)
スーツケース遺体 男が出頭、関与ほのめかす…石川県警(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。